images-5

相方の木下は
後輩にペットボトルを投げつけるなどの
パワハラで退所

木本は投資トラブル
結局は似たもの同士だった??


木本武宏

木本 武宏(きもと たけひろ、1971年〈昭和46年〉5月6日 - )は、日本のお笑いタレントでTKOのツッコミ担当。相方は木下隆行。大阪府大東市出身。A型。身長178cm、体重73kg。大阪府立大東高等学校(現・大阪府立緑風冠高等学校)。フィリップス大学日本校中退。2022年に所属していた松竹芸能を退所し個人事務所に移籍した。

木本きもと 武宏たけひろ
生年月日 (1971-05-06) 1971年5月6日(51歳)
出身地 日本の旗 日本・大阪府大東市
血液型 A型
身長 178cm
言語 日本語
方言 大阪弁
最終学歴 大阪府立大東高等学校(現・大阪府立緑風冠高等学校)卒業
フィリップス大学日本校 中退
コンビ名 TKO
相方 木下隆行
芸風 コント
事務所 個人事務所
活動時期 1992年 -
他の活動 俳優
配偶者 既婚

群馬出身の実業家タレント
800万円を騙し取られた裏金詐欺事件
消された・・との噂も浮上

「130万円でアウトデラックス
24時間テレビは150万円で出演できる」 
TKO木本の投資詐欺との関係は!?


 TKO木本武宏(51)が紹介役となり、平成ノブシコブシの吉村崇(42)や野性爆弾のくっきー!(46)など数々の芸能関係者が6億円以上の被害を受けた“巨額不動産投資詐欺事件”。木本たちから5億円以上を預かったアパレル会社社長のM氏は、これまでに約1億6千万円を返金していたというが、8月上旬には“失踪”が明らかになっている。

「FRIDADIGITAL」によると木本はほぼすべての仕事を失い、法的手段を検討している段階だという。

 しかし芸能界を震撼させる詐欺事件の陰で、“新たな詐欺事件”が勃発していた。

テレビ番組に出演するにはお金を払うのが業界の常識」

 M氏が社長を務めるアパレル会社の登記には、もう1人の取締役としてK氏の名前が記されている。このK氏は芸能事務所PABLOの社長を務めており、そのPABLOを巡って詐欺の疑いで被害届が麻布警察署に提出されていることが判明したのだ。PABLO2018年に設立され、つい最近まで楽しんごなどが所属していた事務所であり、M氏もよく出入りしていたという。

 その被害届を提出したのは、群馬と東京の2拠点で活動するタレントのしまだしゃちょー氏。しまだ氏は2010年太陽光発電システムの販売などを手掛ける「ケイセーシステム」を起業し、現在もサプリメントの販売などを行う「K.SS」などの会社を経営しながらタレントとして活動している。取材班は、そのしまだ氏への直撃に成功した。

PABLOのHという取締役から受けた詐欺行為について、被害届を提出したのは事実です。Hから『テレビ番組に出演するにはお金を払うのが業界の常識。金額次第では『アウト×デラックス』や『24時間テレビ』にも出られるとそそのかされました。驚きましたが『それしか方法がないのなら』と合計800万円近いお金をHに払いました。しかしHの話はすべて嘘だったんです」

 しまだ氏がPABLOのH氏と出会ったのは、2021年6月のことだった。しまだ氏が群馬テレビで持っていた「しまだしゃちょー浩平のまんぐ~どうでしょう?」という番組にタレントmisonoさんが出演した際、マネージャーとして紹介されたのがH氏だった。H氏は芸能事務所の社長と名乗って自らの経歴や業界話を語り、芸能界での人脈を模索していたしまだ氏の心をくすぐった。

「『仕事の話をしよう』と呼ばれて西麻布で朝まで飲んで、1週間後に再び会うと『130万円でアウトデラックスに出られる』という話をHの方から持ちかけられました。misonoさんのマネージャーとしての仕事を細かく話していましたし、テレビ局関係者や芸能事務所マネージャーを突然呼び出したりすることもあり、力のある人だと信じてしまいました。それで、後日言われるがままに現金を下ろして手渡しました。そのお金はテレビの制作幹部に渡す、と言っていました」

「Hに“カモ”と認識されたのは、過去に元同僚に騙され1億円を失った話をした時かもしれない」としまだ氏は振り返る。それに対してH氏は「有名になって取り戻せばいい」と慰めたというが、しまだ氏の経済力に目をつけたのだろうか。

2021年の9月から10月にかけて『150万円で「しゃべくり007」と「24時間テレビ」に出られる』、『おぎやはぎがMCの新番組のコメンテーターなら250万円』と次々に話をもちかけてきました。私は18歳白血病にかかって闘病生活を送った経験があり、Hにもその話をしていたので、『24時間テレビ』の件はつい信じてしまいました。金を払った後、実際に『アウト×デラックス』に携わるフジテレビの制作幹部にも会わせてもらったこともあります。ただHは事前に『先方が機嫌を損ねるから絶対に金の話はするな』と釘を刺してきました。実際はHがお金を懐に入れて、フジテレビ側には渡していなかったんだと思います」

アウト×デラックス」には出演できたが…

 その後も「サプリメントテレビショッピングの枠を本来は1250万円だが250万円で買える」と言われるなど、金銭を要求されることが続いた。制作スタッフに渡す“裏金”以外にも、H氏は女性を交えた大人数の飲み会などでの接待を要求し、代金はほとんどしまだ氏が負担していたという。

 なかなか番組出演は決まらなかったが、ついに2022年2月3日放送の「アウト×デラックス」に「群馬県を魅力度ランキング最下位にしたい男」としてしまだ氏が出演。しまだ氏はこの時に、H氏のことをすっかり信じてしまったという。

 しかし他の番組出演が一向に決まらず、不審に思ったしまだ氏は2022年6月に意を決してテレビ局関係者に“裏金”について話を聞いた。すると、答えは驚くべきものだった。

「そんなお金は一切受け取っていない、と言うんです。中には懇意だと言っていたのにHと会ったのは2度目という関係者さえいました。そんな馬鹿なと思ってお金を渡したはずの『アウト×デラックス』の制作幹部にも連絡したのですが『まずは会って面白ければ出演させようと思っただけで、お金を受け取ったりはしていない』と……。要するにHは私から金を巻き上げるだけで、出演を決める権限は一切なかったんです」

 しまだ氏はH氏に対する訴訟を決意し、証拠を集めはじめた。するとその矢先、H氏から電話がかかってきたという。

「私が『証拠を揃えて詐欺罪で告発する準備をしている』と伝えると、『詐欺ってどういうことですか?』とHは詰め寄ってきました。しかしテレビ局の制作スタッフから証言を得ていると伝えると一転して『1回逮捕されているんで、どうか警察にだけは……』とすがりついてきました。それでも総額で800万円近い大金をだまし取られたわけですから、警察に被害届を提出しました。PABLOの社長のK氏も事態を把握しているはずだとは思うのですが」

 そのK氏の名前がTKO木本の事件で浮上した時は、しまだ氏も驚いたという。

TKOの木本さんから5億円以上のお金を預かったM氏は、いわばPABLOのK社長の“子分”なんです。M氏とは六本木の会員制バーで会ったことがあるのですが、Kのことを『会長』と呼んで慕っていました。その名前をまた見ることになるとは、と驚きました」

 取材班は2つの事件で名前が登場したK氏に、事情を聞くために声をかけた。するとPABLO取締役だったH氏がしまだ氏から金銭を受け取っていたことを認め、経緯を説明した。

「しまだ氏の一件を知ったのは今年6月です。ある知り合いから『Hくんがこんなことしてるみたいですよ』と聞いて驚き、Hを事務所に呼び出しました。すると一連の事実を認めたうえで『助けてください』と泣きつかれましたが、詐欺行為ですから当然認められません。他の従業員に話を聞いたら会社の金を横領していた可能性があることがわかり、9月にクビにしました」

 TKO木本の巨額詐欺事件の中心人物とされるM氏との関係について尋ねると、次のように説明した。

「木本さんの件は、報道で初めて知りました。もちろん私は関与していません。Mと知り合ったのは芸能関係者の紹介で、『アパレル会社の社長をやりたいので協力してください』と相談されてお金を出しました。Mが作った会社の取締役にも名前を貸しましたが経営には全く関わっておらず、口座すら見たことがありません。今は取締役も辞めています。Mが勝手にPABLOの名刺を作って使っていたと聞きましたが、雇用関係もありません。ただ私個人がMの連帯保証人になっている件はいくつかあり、その確認をしたいのですが数カ月音信不通が続いている状態です」

「実際にテレビ局側に渡した部分ももちろんありますよ」

 さらに取材班は、しまだ氏が警察に提出した被害届の当事者であるH氏からも話を聞くことができた。

「しまださんから合計800万円弱のお金は確かに受け取りました。ただ、しまださんがコネクションを作れるようにテレビ局関係者や芸能関係者に紹介して、相応の取り分としてもらった部分もあります。しまださんがどう話しているのかわかりませんが、食事中などに口頭で話していたので、細かい条件などは食い違っている部分もあるかもしれません」

 しまだ氏から受け取った金銭をテレビ局に渡していたかを確認すると、H氏は「フジテレビスタッフには実際に渡していますよ」と断言した。

 取材班はフジテレビに対して、H氏からスタッフが金銭を受け取ったかについて事実確認を行ったが、「ご指摘のような事実はございません」と回答した。

 しまだ氏、H氏、テレビ局の主張ははっきりと食い違っている。芸能界の健全性を保つためにも、真相の解明が待たれる。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

TKO木本武宏 本人YouTubeより


(出典 news.nicovideo.jp)