images-13

シーンから生まれた。バンクシーは、後にイギリスの音楽グループマッシヴ・アタックの創設メンバーとなったグラフィティアーティスト、3Dに触発されたと語っている。 バンクシーは彼の作品を建物の壁面や自作の物理的な小道具のような、公に見える表層に展示している。バンクシー
31キロバイト (3,733 語) - 2022年10月16日 (日) 13:36

バンクシーといえば
過去にも

download-31

イスラエル・パレスチナ分離壁や

download-32

パリ同時テロで攻撃された劇場などに
作品を残しています

ウクライナで
作品を確認されれば
初めてのこととなります


download-26

バレーダンサーが逆立ちをしていますが
手の部分は崩れた壁に隠れていて
挟まれているようにも見えます

download-27

また他の写真を見ると
作品が描かれた壁は
大きな被害を受けた建物の一部です

バンクシーは自身のInstagramに
Borodyanka,Ukraine
(ウクライナ・
ボロジャンカ)
とともに
写真を投稿しました

download-29

上下の作品は
バンクシーかと思われがちですが・・・

おそらく

ウクライナの「バンクシー」と呼ばれる
クリミア自治共和国の
ストリートアーティスト『Sharik』氏
ステンシルという技法で描いた
ストリートアートでしょう


images-12


10月20日(木)から11月15日(火)まで、西武池袋本店 別館2階西武ギャラリーにて、『バンクシーストリートアーティスト展』が開催される。

本展は、バンクシー作品を認証するPesControlペストコントロール)が真正を証明した作品や、彼が携わったレコードやCDジャケットなどをはじめ、総勢30名以上のストリートアーティストの作品を展示。1970年代ニューヨークから始まり、独自の様式を発展させながら、やがて世界を席巻したストリートアート。会場では、バンクシーを入口に、自由でパワフルなストリートアートの世界を楽しむことができる。

BANKSY《風船と少女》 2004

BANKSY《風船と少女》 2004

BANKSY《投げる人》 2019

BANKSY《投げる人》 2019

BANKSY《今は笑え》 2003

BANKSY《今は笑え》 2003


This exhibition is curated by Patrizia Cattaneo Moresi, in collaboration with 24 Ore Cultura and Artrust. The exhibition is a private collection, not authorized by the artist Banksy and anonymous Street Artists.

『バンクシー&ストリートアーティスト展』

【アートがウクライナに!?「バンクシー」初作品現れる!?】の続きを読む