我が子の日々の成長が垣間見れる瞬間を残していきたいと思います。そして今起きている時事ネタ・芸能も重ねて紹介したブログです☆彡

初めまして🌸 日々あったことや、気になる芸能・時事も載せています。 また、出産前後のブログもあります🤗 #旅行#海#山#映画#散歩#お酒#料理#子育て#シンママ#海外

ウクライナ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


🔻 🔻 🔻今月20日にロシア軍はウクライナ南部に大規模な挑発を行いました。


🔺🔺ゼレンスキー大統領もこの攻撃には、警戒を呼びかけました。そして、この攻撃により米英独仏首脳が電話会談しました。もちろん安全確保は絶対で一致です。 ロシアによるウクライナ侵攻は今月24日で半年となります。 まさにロシアによる挑発はウクライナ独立記念日に向けての行動ともとれます。
 

🔻 🔻 🔻IAEA事務局長が声明を出しました。数日以内に現地調査が入ります。これでザポリージャから100キロにあるドニプロ市民や避難してきた住民の不安・世界の大惨事が起きないことを願いたいものです。

【ロシアのチェルノブイリ原発占領で次のザポリージャ原発の安全確保は絶対】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



狙われたのは、娘さんではなくプーチンの側近ドゥーギン氏のほう!? ロシアはウクライナの政権のテロリストが暗殺を・・・と言いますが。。

【テロ!?プーチン氏の側近の娘が犠牲になった?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ロシアで元スタバ営業再開 店名「スターズコーヒー」
…7年にロシアへ進出し、フランチャイズ形式で130店舗を運営してきたが、ウクライナ侵攻後の今年5月にロシア事業からの撤退を発表していた。スターズコーヒー…
(出典:共同通信)

生活していれば困ることはありますが・・・大半はどうにかなりますが。 最近の世界は・・・糸をどうにかして粉がらせたいようです。 宗教はなくなった方がやはり良いのでしょうか。 残酷な人間がどんどん増えないように。 宗教がなくても人は生きていけるのではありませんか?

蜘蛛だって綺麗に糸をアートにするのに。 動物だって、その日を大切に生きているのに。

ロシアからの企業撤退。 ロシア国民がどれだけ辛い立場になっているのか。 核を持っているから脅せて強いと??? プーーチン思想に賛同する輩が何処でも現れるのでしょうか?

この町は廃れているから・・・お金で人を動かし裏で儲けようとする人は? その人たちが、一般庶民を守る人と連む? 政治家が宗教団体と連むように? おかしな日本は今から始まったわけではありません。 それを暗黙の了解としてしまった今の国民が悪いとも言えます。 未来を見たいのであれば、悪は却下するべきでは・・・

普通に生活ができないのならば、シに行きですよね。。


【ウクライナ侵攻でどこまで世界は壊れていくのでしょう】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




「戦争を知っている世代がこの世からいなくなる時期が・・・」 三重で語り継ぐ戦争
 77回目の終戦記念日を迎え戦争体験者の高齢化が進む中で、次の世代へ戦争を語り継ごうと模索する人たちの姿がありました。  「明けても暮れても空襲空襲…
(出典:三重テレビ放送)

戦争を体験している語部が亡くなっていく現実が近づいてきている日本。 心配の声が上がるなか『平和』とは何かと考えてほしいと・・・。 それを今、一番感じているのはウクライナの人々なのかもしれません。。 今後も長引くウクライナ侵略に、世界が本当に平和を求めているのならば、核兵器使用は絶対に避けなければなりません。 

そのために各国の首相が団結をしなければ、かつての日本のように、ピカッと光が差し込んだ瞬間から起きるあの悲惨な光景が再現されます。 体の皮膚が垂れ下がり、目は飛び出しながらも川に向かって歩くゾンビともいえる集団を・・こんな恐ろしい光景は二度と誰も見なくて良いのです。


🔻 🔻 🔻 戦争が怖いと知ったから平和が知れた、平和が良いと思えた。 純粋な心を持つ子供が感じた素直な気持ち。 それを知って欲しいから作品を残す芸術家。
【77年目の終戦記念日から2日経って】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




世界に情報を発信し続けているオレナ夫人。夫のゼレンスキー氏やウクライナの子供たちのためにも、「絶対にしたくないお願いをしている」と・・・ロシア兵の戦争犯罪に打ち勝つため、子供たちを守りたいためには必要不可欠なもの、そうです武器が足りないのです。もちろんアメリカはYESでしょうね。

【ゼレンスキー大統領のオレナ夫人がアメリカ議会で演説した内容は・・・】の続きを読む

このページのトップヘ